Car Gallery VIP|名古屋市守山区の自動車販売

車庫証明書類|記載例

  • HOME »
  • 車庫証明書類|記載例

自動車保管場所証明申請書

基本的に車検証と保管場所の住所が分かれば、記載できます。

①車名:車検証に記載あり。一般的に車名と言われているものではなく、メーカー名になっています。この車検証は「ハイエース」のものですが、車名は「トヨタ」と記載があります。

②形式:車検証に記載あり。

③車台番号:車検証に記載あり。本来はアルファベットの場合、下の段にチェックを入れてください。

④自動車の大きさ:車検証に記載あり。

⑤自動車の使用の本拠の位置(自宅等):ほぼ、自宅になると思います。それ以外のときは問い合わせてください。

⑥自動車の保管場所の位置:駐車場の住所を記載

⑦自己・他人:自己名義の土地や建物を駐車場として利用する場合「自己」に丸、それ以外の場合は「他人」に丸。親族の名義でも他人名義になります。

⑧保管場所標章番号:未記入で(申請書の下欄に説明あり)

⑨警察署長殿:申請をする警察署名を記載する。わからなければ申請する時に聞いてください。

⑩使用者の住所や名前:本人が申請に行くと思いますので、使用者の住所や名前を記載。認印も忘れずに

⑪連絡先(申請者以外):申請者以外の連絡先を記載

保管場所標章交付申請書

こちら「自動車保管場所証明申請書」とほぼ同じです。

車の保管場所の所在図・配置図

この用紙にそのまま書き込んでも大丈夫ですが、以下のような理由で別紙にしています。

所在図:地図を書くよりも、グーグルマップなどから印刷した方が早い。

配置図:賃貸の場合は、不動産屋さんからもらえる事が多い。(初めの契約書に載っている場合あり)

別紙:保管場所の所在図

自宅から車庫までの地図を用意します。その際に距離も記載するようにしてください。

確認に行く方がわかるようにしてください。

別紙:保管場所の配置図

前面道路・車庫・入り口などの広さがわかるように記載してください。もちろん、手書きでも問題ないです。今回は6番駐車場で申請をしていますので、わかるように色を変えてみました。

自認書 (自分の土地の場合のみ必要)

自己名義の土地を利用する場合のみ必要になります。他人の土地を利用する場合は、必要ありません。

①車庫証明申請の場合は「証明申請・届け出」に丸。

②土地を車庫にする場合は、「土地」に丸。特殊なケースで建物を車庫にする場合もあり。

③自分の土地なので、申請者自身の情報を記載して認印を押す。

④届け出する警察署の名前を記載。

保管場所使用承諾証明書 (他人の土地を利用する場合に必要、月極駐車場など)

他人の土地を利用する場合のみ必要になります。自己所有の土地を利用する場合は、必要ありません。もし大家さん・不動産屋さんが記載してくれない場合は、別途相談してください。

①保管場所の位置:車庫の住所

②駐車場名:駐車場名があれば駐車場名を記載

③枠番号(希望):複数台の駐車場がある場合は特定できる番号を記載。自宅駐車場でも配置図を記載する際に番号をつけていれば、今後、どこで申請したかがわかるので便利です。

④保管場所の使用者:自動車の使用者情報

⑤保管場所の契約者:保管場所を賃貸契約している場合は、契約者を記載

⑥使用者と契約者の関係:④と⑤の方の関係を記載

⑦試用期間:賃貸借契約期間となります。親族の土地などを利用する場合は、その借りていれる期間を記載してください。

⑧駐車場の所有者又は管理委託者:大家さんや不動産屋さんに記載してもらって認印を押してもらってください。

– TOP –

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 052-794-7755 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

”ブログバナー"
”問い合わせ"

店舗情報


Car Gallery VIP

名古屋市守山区野萩町6-43
TEL
052-794-7755
FAX
052-794-7757
E-mail
cargalleryvip@gmail.com
営業時間
9:00~18:00
定休日
土・日・祝
※予約制となっておりますので、お手数ですが来店前に必ずご連絡ください。

アクセスマップ

PAGETOP
Copyright © Car Gallery VIP|カーギャラリーVIP All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.